人を知る

  1. TOP
  2. 人を知る
  3. クロストーク

クロストーク

人々が憩える“自然×都市”づくりがミッション!

“緑でネットワーク”のスローガンのもと、自然を守り、緑豊かな環境づくりという仕事を通じて、日々成長を続ける新人たち。実際現場に出て1~2年、正直どう感じているのか…本音トークスタート!!

仲間からの印象

とにかく真面目。何事にも全力投球の姿勢を見習いたい!落ち着いていて話しやすい。先輩として存在感が大きい!いつも周囲に気配りを欠かさないところがスゴい!

仲間からの印象

新人なのに現場からも評価が高く、仕事への意識が高い!一つひとつの仕事に丁寧に取り組む、一言でいうと誠実!人と接する際の落ち着きぶりは新人とは思えない!

仲間からの印象

フレンドリーでいつも笑顔。会うと気持ちがホッとする!夢が大きく、将来の目標を定めて頑張っている。負けられない!場の空気を読む盛り上げ上手。

仲間からの印象

抜群のコミュニケーション能力で周りの人からの評価も高い!現場で仕事をしている人へのサポート、気配りがキメ細やか!いつも笑顔の人気者。

なぜ、九州林産に入社を決めたんですか?

小さい頃、自然に囲まれて育ったんですが、近くに都市高速ができてどんどん緑が減っていって…そこから興味を持って、環境科のある高校に進学しました。入社は自然を守りたいという気持ちからですね。
僕も仙頭君に似ているかも。世界の自然についてのドキュメンタリー番組を見るのが好きで、本格的に環境学を勉強しようと大学に進学して、その流れからになります。
え~、みんな意識高いんですね!私は母の趣味がガーデニングで、家でずっと庭いじりの手伝いをしてたんだ。将来は大きな公園をつくりたい、ココならできる、と思って入社しました。
僕はみんなと部署は違うけど、ずっと自然には興味があって。大阪の高校時代に植樹ボランティアに行ったことがきっかけで、林業を学ぶために宮崎の大学に進学して…九州林産の取り組みに共感して入社を決めました。
緑化部と林業部では仕事で直接交流はないけど、大石さんの真面目な仕事ぶりは良く耳に入ってきます。今日は湯布院から来られたんですよね。お疲れさまです!

みなさんの仕事について教えてください。

そう、僕の所属は林業部でフィールドは大分県の山の中。九州電力が所有する約4,447haの山林管理、つまり山の手入れが仕事。山をつくる林の木々1本1本がイキイキと育つように、雑草木や枯れ木を刈り取ったり、間伐したり、と年間で計画を立てて管理し、実際の作業を作業員さんに依頼するのが僕の役割ですね。
林業部は体力仕事ですよね。僕は親会社の鉄塔工事が行われている現場を担当していて、先日まで九州北部豪雨で影響のあった朝倉エリアに通っていました。鉄塔周りの崩れた敷地を修繕する現場で、山に入っての作業なので、本当に体力は必要だと実感!大石さんはどう自己管理していますか?

とにかく水分補給だけはしっかりと。あと朝ごはんをしっかり食べて睡眠時間をたっぷりとることかな。

参考になります!僕は仙頭君と同じ部署だけど、現場は都市の真ん中に位置するビルの緑地管理を行っていて、今は耐震補強のため、撤去されていたレンガ花壇を復活する工事に携わっています。僕の役割は現場代理人として現場監督と共に作業員さんに指示をすること。指示は難しいけど、面白くなってきたところかな。
私は管理グループ所属なので現場に出ることはあまりないんですが、現場の皆さんが安全に、事故を起こさず仕事ができるよう、発行時期に適した情報を取り入れた「安全衛生情報」を作成して、各営業所に発信しています。ほとんどが事務仕事ですが、現場に行って安全チェックをしたり、営業の方とやりとりしたり…と結構忙しくしています。

どんな瞬間にやりがいを感じますか?

鉄塔周りの敷地現場の話で、今後も崩れないようにするため、きっちりとした計画を設計図に落とし込む必要があるんですが、設計図を何回書いても通らなくて…。クライアントの声を聞き、先輩に指導を仰ぎながらやっと設計図が採用された時は嬉しかった! 設計図を何回も書いている時はつらかったけど、結果スキルアップにもなったし…きっと、この設計図をもとに工事が完工した時はもっと感激すると思います。
管理しているビルの緑地の松が1本だけ枯れかけていて、上司とどうしたら元気になるだろうと考えて、1年あれこれ手をかけていたら…今ではすっかり元気になりました。ビルに勤めている人や、街行く人から「松、元気になったね」と声をかけられた時、やって良かったと思いました。花の種類を聞かれたり、エールをいただいたり…市民のみなさんとの交流もモチベーションが上がりますね。
ほっこりする話ですね!私はとにかく「安全衛生情報」のネタを集めるのが大変で。例えば春だと花粉症対策とか、それを現場の方にわかりやすいように悩んで工夫してA3サイズ1枚にまとめるんです。その苦心の末できた1枚が各営業所に流れて、現場で役に立っていると聞いた時は本当に嬉しかったです!
月に1回、労働災害防止協議会で安全について発表する場があるんだけど、植村さんの資料がすごく役立っています。
そうそう、現場でも作業員に安全対策、注意点を伝える時に使わせてもらっています。
わ~、今日座談会に出て良かった〜(笑)。

やりがいは…苦労があってこそ実感するよね。僕も作業班長さんに指導をする立場なんだけど、中間検査で、自分が発注した内容と違う結果になっている時もある。判断ミスの時もあるけれど、僕の場合は伝達ミスが大きく、班長さんに上手く伝えられていない自分の責任。もともとコミュニケーションが得意じゃない上、相手は年上で経験も豊富な方たちばかり。礼儀に気を付けながら要望を伝えて、信頼関係を築いていくのは大変だって今でも実感してるよ。でも最終的にすべての作業が終わって、山が元気になった姿を見ると苦労は吹き飛びますね。

それはわかります。僕は前任者から今の仕事を引き継いだんですが、作業員さんやクライアントにとって僕は新人でも現場代理人。何でも知っていると思い質問してきて…、その場で答えられないので一旦持ち帰り、上司に相談して現場にフィードバックするんですが、正直焦りますね。
そうですね。僕たちはそこが一番の課題。そんな時はすぐに先輩に相談するようにしています!

九州林産ってどんな雰囲気の会社?

先輩の面倒見がいいですよね。特に林業部の森林経営グループは若い社員が多いから、仲も良く、仕事のこともプライベートのことも先輩にすぐ相談できるので、随分助かっていますよ。

女性が少ない職場だけど、あんまり違和感なくて…男女、部署、上司部下の垣根があまりない風通しの良い社風だと思います。福利厚生が抜群なのでメリハリつけて働ける雰囲気があるからかな。土日は休みで、年間休日も120日以上と多いしですし。あと、新人研修も充実しているし、働く上で不安や不満はないですね。
とにかく上司と先輩が親身になってくれます。書類作成が得意じゃない僕につきあって、残業してまで面倒を見てくれたり…この場を借りて、感謝の言葉を述べさせていただきます(笑)!
年に1回の慰安会も気合い入っているよね。他部署の人と交流も楽しかった!
出し物は緊張したな〜!社長、役員、先輩たち数十名を前にして、お笑いネタやって…頭が真っ白になったよ。
え、緊張してたの?楽しそうにやっていて、ウケてたよ!植村さんの堂々とした感じは良かった(笑)。

僕も本当に人前で何かするのは緊張するタイプ。今、「くじゅう九電の森」で子どもたちに林業体験をしてもらい、自然を大切にする心を育てる体験型の環境教育プロジェクトにも携わっているんだけど、その講師をやっている僕の先輩がすばらしくって。子どもたちと一緒に「すごいなー森の役割は」なんて感動していたんだけど、その講師の役目が昨年僕に回ってきて!最初はカチンコチンで、子どもたちから心配される始末だった(笑)。

聞いているだけでドキドキします(笑)。それで、どう解決したんですか?

その後、先輩がつきっきりでフォローしてくれて、今ではやっとまあまあ説明できるようになったんだけど、本当に先輩の優しさを常に感じる。お陰で自分もこの2年で随分、人間的に成長したような気がするな。みんな仕事にはいつも真剣、厳しいところもあるけれど、人が温かい会社だよね。

今後の抱負&後輩に向けてのメッセージを。

女性が少ない職場ですが、みんな仲良くワイワイやっているのでご心配なく。自然に興味がある方にはピッタリの職場だと思いますよ。私としては「いつかは現場に出て大きな公園をつくりたい」という夢を実現するためにも、今の仕事に向き合いスキルアップさせていきたいと思っています!
僕の夢は公共事業を手がけ、公園をつくること。どんな現場も一つひとつこなして実績をつくっていきたいですね。経験も知識もまだまだなんで、お客様から信頼される人材になれるよう、知識を深め、経験を積んでいきたいです。学生さんも自分で考えられる力を日頃から身に付けておけば、どこでも頑張れると思いますよ。
緑があふれ人々が憩える、大きな公園をつくること。それが僕の夢であり、目標です。はやくいろんな現場を経験して、頼られる現場代理人に成長したいですね。この仕事の素晴らしさは社会貢献にもなり、自分がつくったモノが残るという点。やりがいに満ちた可能性のある仕事です!

森林管理のプロになる―それが僕の目標です。林業は現場に出ないとわからないことがたくさん。奥の深い仕事です。林業に関する研修会や、環境について学ぶ講習会、また専門の研究者が集う学会に参加するチャンスもたくさんあり、自分自身の専門性、そして人間力も高められる環境がココにはあります!

  1. TOP
  2. 人を知る
  3. クロストーク